男性と女性

老人ホームで自立を目指す|高齢者の強い味方

施設選びのポイント

シニア女性と介護士

堺では老人ホームの需要が高くなっているのですが、施設探しをするならネットが便利です。施設を決めるとき、費用や立地条件はもちろんのこと看護体制についても確認しましょう。

読んでみよう

介護請求を楽にする

PCを操作する人

国保連への介護請求をする場合、伝送ソフトを導入すると業務の効率が上がります。また、パッケージ型とASP型の2つのタイプがあるのですが、手っ取り早く便利な機能を使いたいならネット回線で作業を行なうASP型を選びましょう。

読んでみよう

介護施設の種類

介護士と老人

年を取ると若い頃のような生活ができなくなります。膝軟骨が擦り減って階段の上り下りが辛くなったり、免疫が低下してすぐに病気にかかってしまったりなど様々な症状が現れます。若い人であれば湿布薬を貼ったり、少し休むくらいで回復するのですが、体力のない高齢者は軽い病気であっても命の危険にさらされる可能性があります。そのため、家族の中に高齢者がいる場合は家族全員で面倒をみて、快適に日常生活が送れるようにサポートしてあげるべきです。また、介護が難しいのなら老人ホームなどの介護施設を利用して生活のケアをしてもらうと良いでしょう。

老人ホームには介護の専門的な知識を持っている介護士や看護師が常駐しているのですが、最近では老人ホームにも様々なタイプが誕生しています。まず、一番利用者の多い介護施設が有料老人ホームです。有料老人ホームは民間の事業者が運営している介護施設なのですが、比較的健康な人から要介護認定を受けている人まで幅広く対応しています。また、有料老人ホームにも住宅型や健康型といった種類があるので、介護施設への入居を検討しているなら違いを把握しておきましょう。さらに、介護施設には有料老人ホームだけではなくグループホームや特別養護老人ホームなどもあります。グループホームで認知症を発症した人やハンディキャップのある人が共同で生活をして、家事の分担をしながら自立を目指します。そして、特別養護老人ホームは自宅での介護が極めて困難な人が入居するための施設で、入居期間は定められていません。

最適な施設を探そう

介護

有料老人ホームに入居するなら事前に施設見学をしましょう。ネットで予約をしておけばスムーズに見学ができますし、実際に施設内の雰囲気を確認することで入居に関する不安を払拭できます。

読んでみよう