女性

老人ホームで自立を目指す|高齢者の強い味方

介護請求を楽にする

PCを操作する人

老人ホームなどの介護施設の数が年々多くなっています。介護施設には介護福祉士や看護師が常駐しているので、万が一の事態が起こっても迅速に対処してくれますし、日常生活のサポートを徹底して行なうのでケアが必要な入居者も快適に生活できます。しかし、サポートをしている施設スタッフは入居者のケアだけではなく、介護請求などの他の業務も同時にこなさなければいけません。実は、介護施設の利用料のほとんどは国から支給されていて、利用者が実際に支払うのは全体の1割程度です。そのため、介護施設では定期的に国保連に介護請求をしなくてはいけないのですが、国保連への介護請求には手間がかかってしまいます。大きな理由としては、施設利用者の情報をまとめて磁気ディスクなどに保存し、それを国保連まで郵送する形での請求方法が主流となっていることが挙げられます。この方法で国保連への介護請求をすると情報流出といったトラブルが発生する恐れがあるため、最近では伝送ソフトを導入して、介護請求の負担を減らす施設も多くなっています。伝送ソフトは利用者の情報を一括管理して、国保連への介護請求を円滑にしてくれるのですが、伝送ソフトには主にASP型とパッケージ型の2つのタイプがあるので、導入の際はどちらの伝送ソフトが最適なのかを見極めるためにも違いを把握しておいた方が良いでしょう。より費用を抑えて業務を効率化したいのなら、パッケージ型よりもネット回線での介護請求が可能なASP型の伝送ソフトを選ぶべきです。